お年玉でお姉ちゃんを買ってみた 第3話 ネタバレ感想

家中どこでも姉弟エンコーしちゃうお姉ちゃん

お年玉でお姉ちゃんを買ってみた 3話

弟の巨根チンポに夢中になってしまった姉の晶、そして弟のタクヤも同じように姉との関係にハマってしまっているのだった。

姉と弟と言う関係であっても一度身体の関係を築いてしまったら、求め合ってしまうのが本能というものなのかもしれません。

最初は親がいない時にセックスを楽しんでいたのですが、スリルを味わうように親がいる時でもお構いなしで手コキのお願いをするのだった。

晶もそのスリルを楽しむようにそれに応じるのだった。

そして彼氏よりもずっと大きい弟のチンポが幾度となく晶のマンコを刺激するのだった。

そんな行為の最中に後ろから二人に声を掛ける人物がいた、それは母親で行為がばれてしまうのではないかとドキドキする二人、なんとか見つからずに危険を回避するのだった。

しかし見つからない事に味をしめたタクヤはお母さんがいるのにおっぱいを吸ってきたのだった。

声を出したら母親に見つかってしまうかもしれない。手コキの速度を早くしてほしいと姉に伝えるタクヤ、射精したい欲求に駆られてしまったのだが、外に出すわけにもいかずに晶の口の中に出す事にするのだった。

晶の口の中にぶちまけられた精子、しかしこれを吐き出すこともできない。

弟の苦い精子を残さず飲み込んだ晶だった・・・

 

お年玉でお姉ちゃんを買ってみた 3話

 

>>4話 弟専用性処理穴にされちゃうお姉ちゃんへ続く

GT

▼お年玉でお姉ちゃんを買ってみた▼

無料立ち読みはこちら!


PC/スマホコミック(android & iPhone 対応)



>>お年玉でお姉ちゃんを買ってみた無料立ち読みはこちら!